有希化学

食品工場用殺菌・洗浄剤事例紹介

食品工場用殺菌・洗浄剤
事例紹介

Point1 菌数だけを見ていては大間違い

ちゃんと洗浄できているかどうかを見た目や菌数だけ検査して満足していませんか。
除菌剤を使用しただけでは洗浄とは言えません。菌の発生源となる油脂汚れやタンパク汚れが残っているケースが多いです。

Point2 洗浄に時間を掛ければキレイになると思っていませんか?

ある工場では徹底洗浄で5・6時間掛けて念入りに洗浄しており、当然担当者も工場内の洗浄体制に は自信をもっていました。しかし、実際に当社で検査してみたところ・・・。

Point3 洗浄剤の選び方で設備の耐用年数が変わる

機械設備の材質(アルミ・鉄等)により、洗浄剤が設備を腐食させる原因になることもあります。設備導入時に紹介された洗浄剤が必ずしも、その設備に最適な洗浄剤ではないのです。

Point3 実は当社の導入事例の多くはコスト削減を実現しています。

意外に思われるかもしれませんが、当社が提案・導入してきた事例・実績では、洗浄力の向上はもちろん、コスト削減も併せて実現するケースが多いのです。

事例は他にもあります。

ここでご紹介している導入事例は当社実績の一部です。自分が探している事例が見つからない場合は、メールにて問い合わせください。 お客様の要望に近い事例がございましたら、ご紹介します。気軽に相談ください。

問い合わせから導入までの流れ

お問い合わせ

有希化学では、食品工場用薬品(殺菌・洗浄剤等)や化学工業薬品、機械設備、
自社製品へのご相談・ご依頼や、お問い合わせを随時受付けています。

メールでのお問い合わせ

オンライン問い合わせフォームより
お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日9:00~17:00まで